スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちといのちがぶつかる音を聴いた

090909_トリツカレ

アトリエ・ダンカンプロデュース
音楽劇「トリツカレ男」
原作:いしいしんじ(新潮社刊)
脚本:倉持裕
演出:土田英生
振付:小野寺修二
音楽:青柳拓次・原田郁子
出演:坂元健児 原田郁子(クラムボン)
浦嶋りんこ/小林正寛 尾方宣久/尾藤イサオ
江戸川卍丸 大熊隆太郎 榊原毅 鈴木美奈子 中村蓉 藤田桃子

こちらを、観てきました。
ずっと気になっていたこの劇
だいすきなクラムボンの郁子ちゃんが出るのだし、
よくないわけはないのだけど
思いきれずにチケット購入を迷ってしまったこの劇。

お誘いをいただきました。

ほんとうにありがとう。

いま、
すごいものに触れたあとの
ふっくらした余韻で、

こころが栄養満点でございます。

しあわせとはこのことぞ。

いいものは、いい。
この世の中に、すごいひとって、居るんだなあ。

○すごいふたりのゆるくて深い対談
http://blog.natalie.mu/pp/toritsukare
○銀河(故 忌野清志郎氏との共演。映像も美しいなあ。)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。