スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月夜に自転車

月夜に自転車_080914

中秋の名月に、月をかく。

日本は秋で
芸術のきせつ

そんな名前がつくだけあって
空気は澄むし
風はここちよいし

冷静沈着に作戦を練る
そんな気分に最適な温度

今 気になるのはすぐ近くのわたしのまわりのたいせつなもの
歳をとってきたねこや
板張りの床にぺたりと降ろされた裸足
このあしもとのこと

たいせつにし続けたいものと
思い切って捨ててしまいたいもの

今日は世界をみてきた

GEISAIにいってみて
日本のアートバブルをこのからだで感じてきて
興奮して
そしてちょっとくたびれた

空気のほとんど抜けた自転車を押し家へ向かいながら考える。

「それにしてもアートという言葉をあまり愛せないのはなぜ??」

わたしは何ものであるのかを名乗るときに
名前以外のなにかはいらない
だけどずっと絵をかいていたい
そんな生きかた

このところ
じぶんの好きにまっすぐでいたいというおもいが、ただただ強い

これ、ほんとに好き?本当~に好き?

そして挑戦を恐れたくはない
明日はひさびさに車の運転してみようか、などと思っている。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。