スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばりたい

お手紙
会社に届いたわたし宛のお手紙。

つい2日前にわたしの会社に面接で来た、
大学の後輩から
手紙が届きました。

2日前
「ちょっといいかな」
内線電話で、人事課から呼ばれた応接室。
5つ下(!!…書いてびっくり、そんな歳か…)
の後輩がかしこまって起立する。
ボブにした黒い髪に黒い服。
真剣なまなざし。

「ま、まあお座りくださいな」
一対一にされ、出来る範囲でのアドバイスやらをしたのです。
こんなわたしですが、先輩風、吹かしました。

(はじめてのことで、舞い上がり、
何はなしたかはほぼ覚えてないんだけど…)

1日後届いたお手紙、
すごく礼儀正しい、長3封筒に三つ折りで入ってきたそれは
形式を真面目にまもった、でも、
彼女なりのメッセージのこもった、すごくひたむきなもの。

大学三年生
社会に出る準備段階の
あの、肩とお腹にちからの入った真面目さ。

「御社」て言ったら良いのか「貴社」がいいのかで
30分以上悩んだりするような。
(それはわたしだけ)

お手紙読んでて、というよりそれが届いたことその事実が、
なんだか、じいんとしてしまった。

この先、彼女がどうなるのかは
まだ、わからないけれど
そもそもわたしの会社にはいることが
彼女にとって良い人生なのかどうかも、
それはわからないけど

「がんばってたら、報われるよなあ」と
おもいました。

わたしがここ最近、会社でいらついてるのは
「ちゃんとがんばれてない」
からだったのか、と気づけました。

お仕事をすること
ごまかさずに生きて行くこと

そしてその日の仕事はすごく楽しかった。

がんばるって楽しい。

ありがとう、後輩。

がんばれよっ。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。