スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想のごちそう

だあれだ

だあれだ

じゃあこれはだあれだ

gurigura-2_080907.jpg

そう。
三角帽子で
お料理上手
こころのやさしい
ぐりとぐらさんです。

小林葉子さんに、招待券をいただいたので
大学時代の絵画ゼミの友達 M子ちゃんと
「ぐりとぐら原画展」
うらわ美術館まで行ってきました。

実は大学時代には
一度もふたりで出かけたことのなかった M子ちゃん。
月光荘にきてくれて
(Kちゃんがつれてきてくれたんだよね)

卒業ぶりに顔をみることができて
そしてそのあとくれたお手紙がうれしくて
ぐりとぐらを観たときに顔が浮かび
お誘いしたのでした

女の子らしい、さらさらストレートだった彼女は
ばっさりショートヘアになっていて
「今度結婚するの」と
ちょっぴり不安そうにだけどほんとは嬉しそうに
そう言っていました。

うなぎ屋でお米かきこみながら、
フレッシュネスでお茶のみながら、
大学時代にははなせなかったきもち
卒業してからいままでのことも
今だから振り返ってたくさん話せて

青春時代に絵をかくことをえらんだことは同じ。

自分のきもちに正直に
けして器用ではなく
たくさんいろんな壁にごちごちぶつかってきたわたしたち
そうしながら、すこしずつすこしずつ
穏やかな道がみえてくるのかな、と
思いました。

さわやかに、大人になるっていいなあと
思えました。



さて
ぐりとぐらの絵を描く
山脇百合子さん
沢山の並べられた原画、その数に驚き
デビューの早さにもたまげました。(高校生で初連載だという。)

だけどなによりも印象にのこったこと。
それは、
美味しそうなごちそうのシーンが
沢山の絵本のいちばんいいところで登場しているんだなあ
ということ。
食いしん坊な私は
思わずほっぺたが落ちそう。

くまさんといっしょにシートをひろげてほおばる
サンドイッチ、クッキーにりんご

クリスマスの夜に
みんなをまねいておちゃをのみながら食べる甘いクリスマスケーキ
(らいおんのピアノ、ねこのトランペット)

そしてあの、おおきなたまごでつくった
きいろいカステラ!!!

そしてよおくみると、ぐりとぐらが集める「森のみんな」には
ちいさなかたつむりや、とかげ、亀やなんかもいることにも
くすっと嬉しいきもちになります。

こんなにこころに刻まれている
しあわせのイメージ。

家に帰り、我が家の本棚をみると
「ぐりとぐら」
「ぐりとぐらのえんそく」
「ぐりとぐらのおきゃくさま」
「ぐりとぐらのかいすいよく」
沢山のかわいいぐりとぐらがうちにも居ました。

絵本たちはもう黄ばんでしまっていて
ごめんなさい、ほこりだってかぶっていました。
そう、とても価値なんてつかないもの。

だけどこうして大人になってもいつまでもこころにほっこりと

「いちどでいいからあの黄金色のおーきなカステラ、食べてみたいなあ」

というしあわせのイメージがのこっている。
それがなによりもわたしの一部になっているんだな、

しみじみ感じる、絵本のすばらしさです。



そして M子ちゃんからもらった
お母さまお手製のいちぢくジャムと、スコーン。

赤ワインとお砂糖だけでつくったそのワインレッドのとろとろーりは
夕飯後、こおばしく焼いたスコーンの上でとろけ、ほどけ、素晴らしく絶品で

ぐりとぐらがカステラのにおいをかぎつけたときとおんなじ顔を
(鼻の穴がまんまる!)
家族みんなしていたのに違いなかったのでした。

すごくいい夜のぐりぐらに負けないごちそう、
ありがとうね。
M子ちゃんと、M子ちゃんずママ!
gurigura_080907.jpg

スポンサーサイト

おわりははじまり

すいかありがとう

ムーンライト展が終了しました。

来てくださった方々
ほんとうにどうもありがとうございました。
スタッフの方々、こころから感謝いたします。

月光荘という場所が
だいすきすぎます。

また来年も会いたい
ので

精進します。

いただいた、参加賞
ムーンライト参加賞

新商品の手の形のクリップ
台紙にちいさく名前もかいてあります
もったいなくて
しばらくつかえない…

今日帰り道、無印良品にて
麻のベッドカバーと、そばがらの枕(季節のお買い得コーナー)
机の上にとりつける大きなライトを買いました。
快眠を!
そして、いつも机の上を心地よくしていたい!
ということで

えいっとな

帰宅早々、なんだか勢いづいて、部屋のたなの整理をして
昔のスケッチやはしりがきにさわさわしてみたり

オリンピックでは毎日汗をかき
スポーツマンシップ

夏ってエネルギーだな

運動のできないわたしは
ほおづえをつくくらいしかできないけれど

きょうはアニマル浜口の娘さんの
銅メダルが決まったときのうれしそうな笑顔に
やられてしまいました。
だってスキップしてた。
やったーって言ってた。
きゅうとだったなあ。

夏はエネルギー

月光荘というれんが色の空間で
絵が好き
ものづくりが好き
そのエネルギーに満ち満ちた空間で感じたこと
きちっと忘れないで

またあした。

さ 快眠!

ナツはヨル

080810_ナツはヨル

「ナツはヨル」
透明水彩と水彩色鉛筆と6Bえんぴつ


この絵はおととしのムーンライト展が終わった日に
うれしいきもちでぐりぐりかいたスケッチから
今年の冬にかき起こした絵
(1月に参加させて頂いた
高円寺のギャラリーRでの『月光銀画展』で、
展示しました。)

あの日は
月は無かったように思う

マンション15階のベランダの窓を全開にして
すこしとおくから電車の音が聞こえて
鈴虫がないていて
夜風がすずしくて

月光荘オリジナルの6B鉛筆で

うれしい
ただそれだけで
ぐりぐり


南の血が流れているからか
冬がだめで
夏はだいすきな季節
夏はトクベツ

だけれど23歳のナツは
ほんとうにほんとうにトクベツで
いま考えてもひかりかがやきすぎてまぶしい
そしてそのトクベツの開始の合図は
ムーンライト展だった

銀の笛が鳴って

パジャマのまま

月に守られわたしは恋をしていた

080810_月だけまるくて-2_b



1年あいだを置いて

今年も飾らせていただいています

「来年へ期待します」とのお言葉が
通知に描いてあったことが
厳しくもうれしくて

盆なのにもかかわらず多忙を極める会社にて
銀座のあの素敵場所を思うたび
だれかがわたしの絵の前にいるかもしれないと思うたび
ぴりっとして
ぞわっとします

「絵にたいして
もっとまじめにならなくては」

わかりやすく言うと
そういうことを思うのです

そして来年はかならず
大きな絵をだすんだい

心にきめました


今年のムーンライトも明日でオワリ
二年まえよりすこし気分は大人で
お友達もちょっぴり増えました

このひろがりが
ゆるやかなカーブで
ふくらみつづけることを祈って

あしたの夏が楽しみな夜です

今日はザバザバすごい雨だったけれど
あしたは晴れるといいな

はじめまして

すいか
はじめまして。

2008年夏、月光荘ムーンライト展
オープニングパーティーの参加を期に
ほんじつブログはじめました。

よろしくね。

自己紹介

プロフィール

1982年12月28日 生まれる
2001年5月 絵をかくことは生きることだとおもう
2005年4月 社会の海原にでる
2006年8月 月光荘 ムーンライト展2006入選
      (『大切なのは、』『あめの日の動物園は、』透明水彩)
2008年1月 月光銀画展に参加
      (『ナツはヨル』『あたらしいうた』『おめでとう』
       『よく来たニャーと猫は言いました』
       『晴れて来た わたしはあなたと 動物園に行きたい』
               計5点、透明水彩と水彩色鉛筆)
同年3月 共立女子大学 絵画ゼミ OG展"10l excibition"
同年8月 月光荘 ムーンライト展2008入選
2009年 共立女子大学 絵画ゼミ OG展"10l excibition vol.2"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。